エスカレータ式中学校の問題点

MENU

エスカレータ式中学校の問題点って?(私立中学)

最近では、中高一貫校の競争率が高くなってきているようです。

 

中高一貫校が人気がある一つの要因としては、一定以上の学力に達していれば、高校に進学出来るというエスカレーター式にあるのでしょう。

 

中学受験で頑張っておけば、高校受験が必要ないというのは大きな魅力ですよね。

 

6年間は受験のための勉強をすることもなく、部活動などに励むことが出来ます。

 

ただ、そんなエスカレーター式の中学校にも問題点はいくつかあります。

 

中高一貫校は、高校の入学生徒を募集していない所が多いです。

 

そのため、もし、中学に入学した後に、この学校の校風が自分に合わないなどと思っても、外部の学校に進学しづらい傾向にあります。

 

外部の高校を一度受験してしまうと、その受験が不合格だったとしても、内部進学する資格がなくなってしまうという規定が設けられている学校もあるくらいです。

 

大学進学実績を重視している学校になると、授業内容や校風が合う・合わないという問題だけではありません。

 

もし、生徒がその学校の評判を悪くするようなことをしたり、素行に問題があると判断されたり、さらには、成績が伸びる可能性が低い生徒だと判断された場合には、高校への内部進学をさせない学校もあるようです。

 

つまり、学校側が多少横暴だったとしても、生徒や父兄は逆らえないことになります。

 

また、中高一貫校は中学校入学から高校卒業までの6年間、ほぼ同じ場所で、同じ人達と共に過ごす可能性が高いです。

 

そうなると、外部の生徒との交流機会が自然と減り、狭い世界の中に閉じこもってしまう危険性もあるでしょう。