授業に遅れない

MENU

合格後授業に遅れないためには?

頑張って勉強して中学受験に成功し、難関校に入学出来ても、授業のスピードについていけなくなってしまう生徒もいます。

 

これは、難関校以外の学校でも起こりえることです。

 

授業内容が高度だったりすると、理解出来ずについていけなくなってしまったり、一番最初の学力テストでの自分の順位があまりにも低くて劣等感を感じる生徒も少なくないようです。

 

その悔しい気持ちをバネにして、「次のテストからは頑張るぞ!」と思えるような精神的に強い子なら問題ないのですが、それですっかりしょげてくじけてしまう子も珍しくありません。

 

その最初のつまづきをきっかけに、ずっと挫折感を味わったままで6年間を過ごしてしまったり、中には学校を転校していく子さえいるのです。

 

そうならないためには、親御さんの努力も必要です。

 

せっかく中学受験をするなら、難関校と言われている学校や「御三家」なんて呼ばれている学校に自分の子供を入学させたいと思う気持ちもわかります。

 

でも、入学してから自分の子供が苦労している姿は見たくないですよね?塾へ通っているお子さんの日々の姿やテストの結果などをよく見て、お子さんがどの程度の学力を持っているか、親御さんが判断してあげましょう。

 

そして、お互いによく話し合って、志望校を決めるようにしてください。

 

入学後のカリキュラムを検討したり、校風がお子さんに合っているかも大切です。

 

入学後は授業についていけているかどうか、テストの結果はもちろん、お子さんの様子なども観察して、問題があるようなら、早めに対応してあげましょう。

 

授業に遅れているのなら、家庭教師をつける、塾に通わせるなどして、遅れを取り戻してあげなくてはいけません。