勉強 やる気

MENU

中学受験に受かっても塾や家庭教師は続けた方がいい?

中学受験をする際には塾に通われていたお子さんがほとんどだと思いますが、では、志望校に入学した後も塾に通ったり、家庭教師を続ける必要はあるのでしょうか?やはり、塾に行かせたり、家庭教師を雇ったりすると、それなりに費用がかかってしまいますよね。

 

中には、月謝が高額な中学校もあるでしょう。

 

それに、中学受験が必要な学校となると、大体は電車やバスで通学をしなくてはならない距離にありますから、交通費もかかります。

 

さらに、教材費や毎日のお弁当代など、中学に通うだけで結構な出費がかかってしまうものです。

 

そのような金銭面だけでなく、実際に中学受験に成功した方の話などを聞いてみると塾に通っている率はそんなに高くないみたいですね。

 

合格した中学校の指導だけで充分なので、塾に通う必要はないと断言する方もいるくらいです。

 

ただ、難関校や進学校に合格した場合には、その先の将来を見据えているので、塾や家庭教師を続けることも多いでしょう。

 

それに、親の方が中学受験の流れで、塾や家庭教師をお願いしていないと不安で仕方ないから通わせているなんていうケースもあるようです。

 

もし、中高一貫校でエスカレーター式に高校へ入学出来るのならば、高校に入学した時に、また塾へ通うかどうかなどを考えてもいいかもしれません。

 

あるいは、高校受験があるのなら、塾や家庭教師を続けるのも合格率を上げるためには仕方ないでしょう。

 

中学受験して入学したものの、学校の授業についていけないということを防ぐためにも、塾通いや家庭教師を続けるのは有効な方法です。