勉強 やる気

MENU

中学受験燃え尽き症候群にならないためには?

中学受験と言えば、スパルタなイメージを持っている方が多いのではないかと思います。

 

しかし、最近では、燃え尽き症候群にかかる子が多く見られるようになり、以前のようなスパルタ教育で中学受験をする子供達は減ってきているようです。

 

燃え尽き症候群とは、たくさん勉強をして私立中学に合格したものの、その反動で勉強が嫌いになってしまい、すっかりやる気がなくなってしまうことを言います。

 

そうならないためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

子供を燃え尽き症候群にしないためには、親が子供に圧力をかけすぎないことが大切だと言われています。

 

学校から帰ってくれば親に「塾へ行きなさい」といわれ、塾では先生に「勉強しなさい」と強制されて、やっと家に帰ってきたら、また親が「勉強しなさい」とガミガミ口うるさくいってくる・・・これでは子供でなくてもうんざりしますよね。

 

また、その他にも、親が自分の子供の学力がどの程度あるのか、きちんと把握してあげることも大事です。

 

偏差値の高い難関校になんとか合格出来たとしても、本人の学力にあまりに見合わない学校の場合には、入学してからの授業の速度や勉強量の多さについていけなくなることが多いでしょう。

 

勉強がわからなくなって、授業についていけないと、学校に行くのもつまらなくなり、やる気を失っていきます。

 

そうならないためには、受験を決めた日から親が子供の学力を日々把握していく必要があるのです。

 

「勉強しなさい」「あの学校に合格しなさい」と親の気持ちばかりを押し付けてはいけません。

 

子供自らが「勉強したいな」「あの学校に入りたいな」と思えるような環境を親が作ってあげてください。