勉強 やる気

MENU

万が一落ちた時子供になんて声をかけたら良い?

不況が続く中でも中学受験をする子供の数は増え、競争率が高くなっているのが現状です。

 

本当に頑張って志望校に入学出来る子もいれば、それとは正反対に、本当に頑張ったのに志望校に合格出来なかった子もいるでしょう。

 

元々、中学を受験するなんて、子供にとっても親にとってもとても難しいことです。

 

それでも、塾へ通ったり、テストを受けに行ったり、夜も遅くまで勉強したり・・・。

 

親子で頑張ってきた日々を振り返ってみると、悔しさや悲しさが溢れてくるかもしれません。

 

親子で悔しくて涙を流したっていいと思います。

 

でも、第一志望の中学に合格出来なかったからと言って、自分の子供を責めたりするのは子供の心に大きな傷を残してしまいますから絶対にやめてください。

 

第一志望の中学に落ちてしまって誰よりもショックなのは、子供本人なのです。

 

せめて親が冷静になって、志望校に入学することが人生において全てではないんだよということを話してあげましょう。

 

もちろん、頑張ったことを褒めてあげることも重要です。

 

あなたは今日までたくさん勉強頑張ってきたね、こんな結果にはなったけど、きっとこの学校には縁が無かっただけなんだよとなぐさめてあげてください。

 

そして、合格・不合格という結果だけが全てなのではなく、あなたがたくさん努力してきたことがきっとこれからの道に繋がるんだよと教えてあげると良いでしょう。

 

子供が第一志望に落ちてしまった時の対応を間違えると、この先の子供の将来に悪い影響を与えかねないので、細心の注意が必要です。